ノートPCと無線マウスで作業効率UP2014年10月17日2015年5月26日admin

ノートPC無線エレコムマウス(800円)マウスパッド(授業のプリント)でもlolできることに驚いた。そういやノートPCあるから無線LANいじり倒せるのか。お陀仏になったコントローラーの代わりがきた。ノートPCに2本もコントローラーのコードさすととてつもなく邪魔だから無線にしてみた。ノートPCの無線接続毎回不安定になるから結局有線にしたけどノートならではの軽快さがな。親を説得してもネット開通してくれないからと高校生がバイトでADSLのお金払って開通し、彼が大学生になり一人暮らしで実家解約したら親からネットできないと文句が出てきて数年後に無線LANあればネットができるとノートPC買ってまた解約してまたネットできないと文句が出る。ノートPCの無線ルーター死亡確認につき急遽外付けルーターを購入でようやくネット復活。春イベクリアしてないのに終わっちゃった。

しかし無線LANつながるとノートpcまったく触らないな。iPadで事足りちゃうんじゃないかと。ノートPCに無線マウス導入したら格段に効率上がった。ローカルネットワークを組んで、DHCP が使えるので、RasPi は有線LAN、開発用のノートPCは無線LANという構成が可能。無線LANの子機を500円で入手して使ってみたんだけど、ノートにはなかなかいいかもしれない。しかし無線LAN繋がるとノートpcまったく触らないな。iPadで事足りちゃうんじゃな。自作のマザーボードにはたいてい(9割)無線LANアダプタがついてない。ノートパソコンは99%ついてるけど。Ubuntuをインストールしたノートパソコンを無線のアクセスポイントにして使ってみた。簡単に設定できて、結構快適。久しぶりに専門で使ってたノートパソコン引っ張り出したけど、CPU換装して、SSD化、メモリ増設、5GHz帯への無線LAN対応してあるだけあってまだまだ使えるスペックだな。