無線LANかポケットWiFiか

古いノートPCを自宅の無線LANも接続するには

パソコンの買い換えは一般的に新品を購入するユーザーが多い一方で、手頃な値段であることから中古パソコンユーザーも少なくありません。最新のパソコンも新鮮でいいけれど、長らく愛用していたモデルに愛着があり同じ型のものを使用したいと中古パソコンを好んでいるという話も聞きます。有線LANでの使用は問題ありませんが、自宅回線をWifiルーターに切り替えたいと考えた時、古い型のノートパソコンで無線接続できるのか?という問題点がでてきます。古いノートパソコンであると無線LANが内蔵されていない物が多く、色々と必要なものをを揃える必要が出てきます。

一軒家住まいの場合、1階は有線LAN接続、2階は無線接続したいとします。そうすると、まず必要なのが無線Wifiルーターです。ノートパソコン側とルーター側で設定すれば無線接続されインターネットを使用することができます。無線LANが内蔵されていないノートパソコンの場合は、これにプラスして無線LANアダプター(子機)が必要です。これは先がUSBになっているので、それをノートパソコンのUSB差込口に挿すだけで使用できます。だいたいは無線LANルーターに付属されている場合もあります。

ポケットWifiを使用したい場合の対処

回線をポケットWifi1つである場合は、WifiルーターをUSBで直接接続することで使用することが可能になります。USB接続なので有線のような感覚の使用になります。WiFiキャンペーンで申しこめば、通常のインターネット回線よりも安いのでおすすめです。また、カードタイプのものもあるので、通信速度や料金などと照らしあわせて自分に合ったものを選べばいいでしょう。ただ、外出先でイーモバイルやWiMAXをUSB接続する場合は、Wifiルーターの充電も同時に行われるのでノートパソコンのバッテリーの減りが早くなります。バッテリー重視にしたいのであれば、ポケットWifiと無線LANアダプターとの同時使用が安定かもしれません。アダプターは小さめの物が多いのでそのまま挿しっぱなしにしても邪魔にならないので便利です。

公衆無線LANを使用したい場合の対処

公衆無線LANスポットは提供エリアが拡大して外でも気軽にWifi接続できるようになりましたね。無線LANを搭載していないノートパソコンを外出先で公衆無線LANを利用したいとなったとき、上記と同じように無線LAN子機が必要になります。USBやカードタイプなどがありますがUSBタイプがお勧めです。ただ、使用していノートパソコンが古くてもOSは最新のものにしておかないと、子機が使用できない場合があります。子機のドライバーには対応しているOSが決められているため、詳細を見ずに買ったらOSに対応していなかった・・・という事にならないようにきをつけましょう。

また、公衆無線LANを使用する際に注意しなければならないポイントがあります。特に無料の公衆無線LANスポットでWifi接続する場合、ほとんどのお店はセキュリティ対策がされていなかったり甘いです。サイトで調べ物をしたいとなったときにSSLで通信が暗号化されていないサイトにログインすると危険です。下手したらパソコンに不正アクセスされたり、ウィルス感染等の情報漏れの危険性が高いです。特に、スターバックスなどは使用する際にセキュリティ対策されていませんど注意書きがしてあります。よくスターバックスで無線LANを使用する際は事前に調べて万全な状態で使用しましょう。これに限ったことではありませんが、ウィルス対策ソフトは常に最新バージョンに更新しておきましょう。